学生ボランティア募集の仕方!私でも成功した効果的な方法とは?

ボランティア
スポンサーリンク
Pocket

 
 
学生ボランティアを募集する、
効果的な方法をご存知ですか?

 
 
簡単そうなんですが、
苦労するんです。

貼り紙を張っただけで、
集まりませんからね。^^;

そこで私は、いろいろ工夫し、
60名あまりの学生ボランティアを、
集めることができました。
 
 
 
 
今回は、
車椅子ツインバスケの大会を成功させた私が、
その方法について解説します。

後半には集める秘訣も、
紹介していますよ。

それでは、いってみましょう。

 

 

学生ボランティアを効果的に集める方法とは?

 
実際私は、2017年11月12日に、
車椅子ツインバスケの大会を、
主管チームとして開催しました。

車椅子ツインバスケ砺波大会の開会式

写真は、
大会の閉会式時の様子。

中央が選手で、
両サイドにいる人たちが、
学生ボランティアの方々。

総勢、60名~70名いますよ。

これらの方を集めた方法を、
こっそりお教えします。^^
 
 
 
 
ボランティアの学生に、
車椅子ツインバスケという障害者スポーツを、
知ってもらいたい!

車椅子ツインバスケの砺波大会

このように思い、
いろんな学校に声をかけようと、
思われるかもしれません。

しかし!

『二兎を追う者は一兎をも得ず』の諺のように、
募集の力量が分散し、
集まらない可能性が大きいです。

そこで、
1つの学校に絞って声かけしましょう。

私だって、
1つの大学に限定して、
募集したんです。
 
 
理由は、こちらになります。
 

  • 大学であれば、たくさんのサークルがある
  • 学生同士キャンパスが一緒のため、会って連絡することができる

 
このようなメリットが、
存在するのです。

それでは次の章から、
手順をお伝えしていきますね。
 

学生ボランティアを募集する手順①

 
まず、
大会に関わるボランティアの募集人数を、
決めなくてはいけません。

私は、このように考えました。
 

  • ボランティア - 40名
  • テーブルオフィシャル - 20名

 
と言っても、無鉄砲に、
ボランティア募集しようと思っても、
なかなか集められません。

そこでポイントになるのが、
上記の章でお伝えした、
サークルなんです。

理由として、
1人1人募集ではなくサークル内で声かけすれば、
まとまった人数が集められると予想しました

ネットで『希望する大学名 サークル』
と検索すれば、一覧が出てきますので、
どこにお願いするか決めましょう。
 
 
私は、大会のアトラクションとして、
入場行進をアカペラで披露してもらおうと、
考えたのです。

そこで、
このように構想を練りました。
 

  • ボランティア = アカペラサークル(足りない人数は、サークルに入っていない同大学生)
  • テーブルオフィシャル = バスケサークル

 
ここまで決めれば、
次にしなければならないのが、
大学に問い合わせです。

次の章で、
さらに詳しくお伝えしますね。
 

学生ボランティアを募集する手順②

 
「希望する大学名 事務局」と検索し、
電話をしましょう。

そして、
「車椅子ツインバスケの大会で○○サークルの協力を得たい!」
と問い合わせるのです。

サークル自体、
ブログやツイッターを管理しているので、
直接、管理者と連絡できるかもしれません。

しかし、後々問題にならないように、
一言でも大学に連絡を入れ、
お願いしておいた方がいいです。

私の場合、
知り合いの准教授がいたので、
聞いてもらったんですがね。
 
 
問い合わせてもらいましたが、
大学側からはサークル所属の学生の連絡先を、
個人情報の観点から教えられないと言われたんです。

ただし、
私の連絡先を教えれば、
サークル代表から連絡させると。

そこで、事務局側にメルアドを教え、
応答を待ちました。

ありがたいことに返信が来て、
大会の詳細を伝えたんですがね。

2つのサークルとも興味を示してくれ、
参加してもらえることになりました。
 
 
それでは次の章で、
募集し始める時期について、
お伝えしたいと思います。

 

学生ボランティアを募集し始める時期とは?

 
 
学生ボランティアは、
短期間の間に、すぐ集まりません。

ましてや、サークルの予定もあり、
早めに言わないといけないのです。

桜が咲く3月

私の場合、2017年11月に大会が開催だったので、
新入生が入る4月前の2月ぐらいから、
サークルのほうに伝えていました。

3月には了承を得ていたので、
後は足りないボランティア人数の、
30名弱の補充たけだったのです。

ここからは、新年度の4月に入り、
先生の声かけや、興味を持ってくれた学生中心に、
伝えてもらい、目標人数を集めることができました。

9ヶ月前から募集したのが、
功を奏したのでしょうね。
 

学生ボランティアに興味を持ってもらう秘訣とは?

 
興味を持ってもらうには、
練習に来て内容を見てもらうことが、
重要になります。

だから、
そのサークルの学生さんに、
来てもらうことをお願いするのです。

私の場合、ラッキーだったのは、
知り合いの准教授が教える学生さんたちが、
車椅子ツインバスケに来る前から興味を持ってくれたこと。

一度見てみたいと、
何人もの学生さんが先生を通して、
練習に参加してくれました。

学生さんが練習に参加

写真は、
選手とゲームを一緒に、
行っている様子。

ここで、
バスケ用車椅子に乗ってもらい、
楽しんでもらったのです

見せるだけではなく、
実際に体験してもらう事が、
秘訣になります。

そこから興味が加速し、
暇あるときは、
練習に参加してくれるようになりました。
 
 
さらに、練習だけでなく、
食事やバーべーキュー、イベントに誘えば
仲良くなる率が高くなりますよ。

このお話は長くなるので、
次回にでも。^^

興味を持つ学生を増やしていけば、
増えていきます。

実際に、私はこの方法で、
1つの大学から60名あまりの学生ボランティアを、
募ることができました。

コツさえつかめば、
意外と集まりますよ。^^
 
 
ボランティアと連絡を取ったり、
まとめる方法などは長くなるので、
別記事で改めて書こうと思っています。

成功を祈っていおりますね。
 

まとめ

 
今回、
学生ボランティアの募集について、
私の経験をもとにお教えしました。

いかがだったでしょうか?
 
 
私で良ければ質問にお答えしますので、
コメント欄からお気軽にお伝えいただければ、
ありがたいです。
 
 
■今日のまとめ■

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
 
 

    学生ボランティアを集める方法とは?

  • 1つの学校に絞る

 

    学生ボランティア募集する手順①

  • サークルを決める

 

    学生ボランティアを募集する手順②

  • 大学事務局に問い合わせする

 

    学生ボランティアを募集し始める時期とは?

  • 半年以上前が良い

 
 
人数に達するまで時間がかかり、
焦るときもあります。

しかし、大会を成功させたい!
という熱意を込めて諦めなければ、
ちゃんと集まりますよ。
 
 
応援しています。^^
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.