ボランティア保険の加入方法をご存知ですか?

利用したことが無ければ、
何かと不安だと思うのです。
 
 
実をいうと、
私は車椅子ツインバスケの、
富山チーム代表。

2017年11月に富山で開催した大会で、
大学の学生さん40名をお願いし、
ボランティア保険に入りました。

その方法が、
旅行代理店に頼むより、
実に簡単なんです!!!(;゚ロ゚ノ)ノ
 
 
 
 
今回は、その保険加入手続きを、
私の経験にもとづいいて、
お伝えしようと思います。

真似をするだけで、
メリットが発生しちゃいますよ。^^
 
 
それでは、いってみましょう!

 
 

スポンサードリンク

 

ボランティア保険加入を地元企業の理由とは?

 
車椅子ツインバスケの普段の大会での保険は、
ブロック側が依頼する関東の旅行代理店に、
宿泊管理と共に任せるのが普通。

しかし、私は、
地元の保険会社にお願いしました。

理由って何だと思いますか?

ハッキリ言えば、
メリットがあるからなんです。
 
 
 
ナント!

協賛金をもらえる可能性があるから。

この予想は、的中でした。
 
 
以前に書いた記事があります。

お時間がある際にでも、
お読みいただけるとありがたいです。
 

 
 
実際に、依頼した保険屋さんからは、
1口ではありますが、
協賛金を頂くことができました。

さらに、相談すれば、
親身になって聞いてもらえるので、
問い合わせてみるのがいいですよ。
 
 
それでは次の章から、
加入方法をお伝えしていきますね。

 
 

スポンサードリンク


 

ボランティア保険の加入方法とは?

 
ボランティア保険に加入と聞けば、
難しそうに聞こえませんか?

実をいうと簡単。

というのも、
知り合いの保険屋さんに頼めばいいだけ。

マイカー

私は、普段から、
自動車保険でお世話になっている代理店に、
お願いすることにしました。

大本の保険会社が、
損保ジャパン日本興亜です。
 
 
今回の大会で加入したのは、
レクリエーション保障プラン

3つの区分に分けられ、
タイプによって、
値段が違ってきます。
 
 
 
 
表内レクリエーションの種類は、
まだまだありますよ。

※詳しくは、取扱代理店または損保ジャパン日本興亜まで、お問い合せ下さい。
区分1名料金レクリエーションの種類
プランA
50円
いちご狩り・いも堀・遠足・お花見・バーベキュー・盆踊り・メーデー行進・ブラスバンドete...
プランB
200円
バスケットボール・陸上競技・運動会・駅伝・軟式野球・サイクリングetc...
プランC
350円
空手・サッカー(フットサル)・柔道・スキー・ラグビー・レスリング・相撲etc...

区分保険金の種類団体割引0%の場合団体割引5%の場合
プランA
死亡・後遺傷害保険金額
入院保険金日
通院保険金日
893万円
6,000円
2,500円
983万円
6,000円
2,500円
プランB
死亡・後遺傷害保険金額
入院保険金日
通院保険金日
582万円
6,000円
2,500円
644万円
6,000円
2,500円
プランC
死亡・後遺傷害保険金額
入院保険金日
通院保険金日
428万円
6,000円
2,500円
482万円
6,000円
2,500円

参加者数(1日につき)団体割引最低保険料
20名以上
0%1,000円
50名以上
5%2,000円
500名以上
10%50,000円
1,000名以上
15%100,000円
3,000名以上
20%300,000円

 
 
次の章では、
私のチームが加入した内容を、
お伝えさせていただきますね。
 

私が加入したボランティア保険の内容とは?

 
私たちが開催した大会時は、
前日準備日と大会当日の2日間、
体育館や会議室を貸し切りました。
 
 
ちなみに、
ボランティア内容がこちら。
 
  • 大会前日 : 控室準備・コート作成・テーブルオフィシャル講習会(バスケ用車椅子試乗)
  • 大会当日 : 入口坂道で車椅子を押す・車椅子タイヤ拭き・モップ掛け・テーブルオフィシャル
 

学生さんに楽しんでもらう

学生さんには前日の講習会後、
バスケ用車椅子に乗ってらうことも、
企画したんです。

写真は、
実際、ゲームに出てもらい、
楽しんでもらっている様子。
 
 
この2日間の内容を見ると、
大会前日のバスケ用車椅子に試乗するほうが、
怪我するリスクが高まります。

ということで、
このように加入しました。
 
  • 大会前日 - プランB(200円×30名)
  • 大会当日 - プランA(50円×70名)
 
これに団体割引が付き、
前日が1人200円⇒175円に。

当日は、
1人50円⇒36円になりました。
 
    【2日間のボランティア保険金額】
  • 11月11日(土) = 30名×175円(1名)=5,250
  • 11月12日(日) = 70名×36円(1名)=2,520
 
お金を払った時点で契約となり、
後日、証書が送られてきますよ。

それと、
もう1つ保険に入ったのです。
 

ボランティア保険以外に加入した内容とは?

 
大会を開催した体育館は、
これまで車椅子イベントで、
使用したことがありませんでした。

大会で借りた体育館

そのため、
一番に心配されていたのが、
床に傷が付くということ。

そこで、保険で何かないか探してもらうと、
レクリエーション賠償責任保険、
というのがありました。

上記のボランティア保険との、
違いがこちら。
 
  • レクリエーション傷害保険 - 事故によって怪我した場合を補償する保険
  • レクリエーション賠償責任保険 - 主催者側ミスで人に怪我、器物破損させた場合に補償する保険
 
私たちチームが契約した内容は、
1日2,700円で、
3千万円まで保証してもらえるタイプ。
 
    【2日間の会場保険】
  • 11月11日(土) = 2,700
  • 11月12日(日) = 2,700
 
ただ、保険を使用する場合、
自己負担金として、固定で30,000円必要です。

100,000円費用が掛かった場合、
保険から70,000円出て、
自分は30,000円払わなくてはいけないわけ。
 
 
なお、上記の章7,770円と5,400円で、
保険に関しては、
合計で13,170円払いました。

幸い使用する事も無く、
終えることができたんですがね。^^
 
 
 
大会を開催するのは、
何かと大変です。

だけど、地元企業が潤えば、
大会も盛り上がりますよ。

いろいろ教えてくれますし。

応援していますね。^^
 

まとめ

 
今回、
イベント保険の内容について、
私の経験をもとにお伝えしました。

いかがだったでしょうか?
 
 
地元の企業でお願いすれば、
何かとメリットが付いてきますよ^^
 
 
■今日のまとめ■

にほんブログ村 介護ブログ 車いす生活へ
にほんブログ村
応援お願いしますm(_ _)m
 
 

    ボランティア保険の加入方法とは?
  • 知り合いの保険会社に問い合わせればよい
 
    私が加入したボランティア保険とは?
  • レクリエーション傷害保険
  • レクリエーション賠償責任保険
 
    イベント保険の加入を地元の会社に任せた理由とは?
  • 協賛金をもらえる可能性があるから
 
 
イベントを主催する側にとって、
事故による怪我が一番怖いこと。

対策を取るためにも、
保険加入が鉄則です。
 
 
中でも、いつでも電話一本で来てくれる、
地元の保険屋さんのほうが、
何かと心強いですよ。^^
 
 
 

スポンサードリンク