頚髄損傷と血圧!低い理由とは?予防するのや対処方法ってないの?

頚髄損傷
スポンサーリンク
Pocket

 
 
頚髄損傷者は日ごろから、
血圧が低いことをご存知ですか?

ベッドを起こすだけで、
頭が真っ白に。。。。

こんなことはしょっちゅう。

理由として、安静治療する期間が、
長かったからと思っていたのですが、
それだけではありませんでした。

どうも、障害を持つと、
自律神経に影響が、
出るからみたいなんです。^^;
 
 
 
 
今回は、頚髄損傷と血圧について、
私の経験をもとに、
お伝えしたいと思っています。

参考にしていただけると、
嬉しい限りです。^^

 

 

頚髄損傷と血圧について

 
頚髄損傷者は、
日頃から血圧が低いのが特徴的。

私の正常時は、
上の値が100mmHgなく、
80~90mmHgという感じです。

健常者の正常な血圧は、
上が120~129mmHg
になるので、
低いのが分かると思います。

血圧が低いと、
起立性低血圧でのめまいや動悸、
吐き気を催すのです。
 
 
ちなみに、
血圧が低くなる理由がこちら。
 

  • 自律神経の障害により血管が十分に収縮されない
  • 血液が下半身や内臓に溜まったままになる

 
やはり、頚髄損傷者は、
神経系に障害をもつため、
自律神経が乱れるのはもちろん。

心臓への血液還流量が低下し、
体の隅々までいきわたらないのが、
大きな要因なんでしょうね。

感覚がない部分は、
動かないこともあり、
どうしても血流が悪くなります。^^;
 
 
次の章では、
血圧が低くなる場面について、
お伝えさせていただきますね。
 

頚髄損傷者の血圧低下を引き起こしやすい場面とは?

 
頚髄を損傷すると、
何かとベッド上にいることが、
多くなります。

ベッド上でパソコン

写真は、私が体調不良の時、
ベッド上でパソコンしている様子。

このような状態だと、
疲れるとすぐに横になれるメリットが、
あるのです。^^

車椅子上にいると、
一人で横になることは、
できませんからね。
 
 
ただ、寝て過ごすことが多いと、
どうしても起立性低血圧を、
引き起こします。^^;

この他に、さらに日常生活で、
血圧が下がる場合が、
存在するのです。

その内容が、
こちらになります。
 

  • 1週間に1回の排便の直後
  • 入浴介助の直後

 
排便時は、
お腹に溜まったモノが一気に出るため、
どうしても血圧が下がってしまいます。

迷走神経の反射と、
交感神経の低下が原因と、
言われているのです。
 

※迷走神経 - 脳神経で、嚥下や発声、消化管の蠕動運動などに関係する働きをする
※交感神経 - 意志とは関係なしに、内臓の働きをコントロールしている

 
入浴に関して、
体は温まってくると、
血管が広がります。

すると、
血流は良くなり、
血圧が下がるというメカニズム。

日常生活では、
この2つのことをするときに、
注意が必要ですね。
 
 
そこで、
血圧が低くならない予防方法が、
いくつかあるのです。

次の章では、
私の経験をもとに、
お伝えさせていただきます。
 

頚髄損傷者の血圧低下での予防方法とは?

 
 
血圧低下を防ぐために、
いつもから行っておく重要なことが、
存在するのです。

一般的な内容は、
こちらになります。
 

  • 普段から車椅子に乗るようにする
  • ベッドで上体を長く起こしておく

 
当たり前のことなんですが、
なかなか実現できないんです。^^;

体調がすぐれないときは、
難しいですからね。

この他には、
腹部に布を巻いて、
圧迫させる予防方法
もあるのです。

理由として、
重力により下方に移動する血液量を、
減少させることで、血圧低下を防ぎます。

私は、
したことがないのですが。。。^^;
 
 
では、もっと簡単な方法があるので、
次の章でそれを、
紹介させていただきます。
 

頚髄損傷者の血圧低下を防ぐ簡単な方法とは?

 
当たり前の方法ですがね。^^;
 
 
もし、ベッド上だと、
血圧が下がってめまいや吐き気が出れば、
寝ることで解消します。

車椅子上であれば、
ウィリーしたり前に倒れたりさせることで、
治るのです。

車椅子をウィリー

写真は、
ウィリーした状態。

もっと前輪を上げれば、
なお、血圧低下を防ぐので、
良いですよ。

ただ、頚髄損傷者の場合は、
介助者がいないと、
なかなかできないのですが。^^;
 
 
 
同じバスケチーム選手に、
血圧について聞いてみましたが、
受傷した当初は苦労したと言っていました。

また、私と同じ、排便時と入浴時は、
一番下がりやすいとのこと。^^;

聞いた彼も、
血圧が下がって体調がすぐれないときは、
ベッドで休むようですよ。
 
 
 
 
発熱したりして、
体調不良のときもあります。

しかし、日ごろから、
ベッドや車椅子で体を起こしておく事が、
重要になりますね。

無理せずに、
頑張っていただければ幸いです。^^
 

まとめ

 
今回、
頚髄損傷と血圧について、
私の経験をもとに書いてみました。

いかがだったでしょうか?
 
 
運動することも、
予防の1つですよ。^^
 
■今日のまとめ■

    頚髄損傷者の血圧低下が起きやすい場面とは?

  • 1週間に1回の排便の直後
  • 入浴介助の直後
  • 体調不良のとき

 

    頚髄損傷者の血圧低下での予防方法とは?

  • 普段から車椅子に乗るようにする
  • ベッドで上体を長く起こしておく
  • 腹部に布を巻いて圧迫させる

 
私は、
毎日、筋トレという運動を、
行っています。

だから、
急激な血圧低下が、
無くなりました。^^
 
 
そう考えると、
多少でも運動することは、
必要なことなんでしょうね。
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. なお says:

    こんばんは(^^)
    わたしも、血圧が90mmhgくらいで体温も平熱が35℃くらいなので、血圧が下がったときは発熱したり、体調不良で寝込むので(←この土日は吐き気がして動けませんでした)少しですが、気持ちわかりますよ(^^)

    筋トレって、血圧のためにも必要なんですね。

    • まっつんまっつん says:

      ご無沙汰しております。^^

      筋トレというか運動は、
      健常者であっても、たとえ障害を持っても、
      本当に重要なことだと実感させられました。^^;

      疲れが取れる早さも違ってくるので、
      日々の積み重ねだと思いますよ。^^

      コメントありがとうございました。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.