「全国障害者スポーツ大会2018?」
 
 
障害者スポーツ指導員の私ですが
いきなり質問されて、
答えられませんでした^^;
 
 
悔しいのでしっかり調べましたよ!

 
 

スポンサードリンク

 

私自身は実を言うと、
車椅子で生活している、
頚髄損傷者です。

28年前に車の自損事故で首の骨を折り、
障害者になりました。^^;
 
 
 
 
健常者時は、
小学校から高校まで野球をしてたのもあり、
体を動かす事が大好きでしたね。

障害を持つようになってからは、
車椅子ツインバスケットボールを、
行っています。
 
 
代表を任せられているのですが、
いろんな人と接している上で、
自分自身の学の無さを痛感させられましたね。

そういった理由で福祉について学ぶために、
日本福祉大学通信教育部へ2009年に入学し、
2013年に無事卒業しました。

学生時に障害者スポーツ指導員の資格も取得し、
おかげで今では県の障害者スポーツ協会と、
密にお付き合いさせてもらっています。^^
 
 
 
 
ところで先日、
バスケチーム内の選手から、

「今年の障害者の国体ってどこであるのでしょ?」

「車椅子ツインバスケは国体の正式種目でないと聞いたけど、
もし僕が国体に出たいなら、どうすればいいの?」


こんな風に、質問されたんです。
 
 
確かに、
今年はどこで開催なのでしょうか?

また、私がやっている車椅子ツインバスケは、
各都道府県に1チームないために、
国体の正式種目となっていません。

もし私たちのような境遇の障害者が、
国体に出たいと思うなら、
どういう方法があるんでしょうか?
 
 
 
 
そこで今回は、
同じ悩みを持った方のために、
 
  • 全国障害者スポーツ大会2018はどこであるの?
  • 競技種目は何があるの?
  • 国体にない障害者スポーツをやってる場合、どうすればいいの?
 
ということを、お教えします。

参考にぜひ、
今後の国体出場への、
足掛かりとしてくださいね。

スポーツするのが大好きになるキッカケに、
なるかもしれませんよ♪
 

全国障害者スポーツ大会2018ってどこであるの?

 
全国障害者スポーツ大会と聞くと、
どんな全国大会なの?
って思いませんか?

簡単に言うと、
国体と言われる各都道府県の代表によるスポーツ大会の、
障害者バージョンです。
 
 
もともとは、
 
  • 全国身体障害者スポーツ大会
  • 全国知的障害者スポーツ大会
 
と、別々に開催されていましたが、
2001年から統合した大会となって、
健常者の国体終了後に開催されています。
 
 
ただ大会目的が、通常とは違ってくるのです。
(健常者の国体・パラリンピックは成績が重視。)

コチラになります。
 
    【全国障害者スポーツ大会の目的】

  • 障害のある人々の社会参加の推進
  • 国民の障害ある人々に対する理解を深める
 
同じバスケチーム内で、
国体に出たことがある脳性麻痺の選手がいるのですが、
陸上だと一度出れば、再度出してもらえないと言っていましたね。

競技によって違うのでしょうが、
やはり多くの障害者を出させたいという各自治体の思いが、
そういう方針になっているのではないでしょうか?

当事者として、ありがたい話です。^^
 
 
でも障害者となると、
自宅より遠くなれば、
日帰りで帰るのも大変になります。

そう考えると、
前もって日程と場所を知り、
予定を立てないといけません。

全国障害者スポーツ大会2018は、
いつ?どこであるのでしょう?
 
 
今年はこうなります。
 
    【全国障害者スポーツ大会2018】

  • 日程:2018年10月13日(土)~15日(月)
  • 場所:福井県(福井市,敦賀市,小浜市,大野市,勝山市,鯖江市,あわら市,越前市,坂井市,永平寺町,美浜町)
 
 
ちなみに健常者の大会は、
2018年9月29日(土)~10月9日(火)
となりますね。

やはり競技の数や参加人数も違いますし、
日程も全11日間と長くなるんでしょう。
 
 
では全国障害者スポーツ大会の、
競技種目というのは、
何があるんでしょうか?

 
 

スポンサードリンク


 

全国障害者スポーツ大会2018競技種目は何があるの?

 
スポーツをやっている人にとって、
全国大会と聞くと、
手に入れることのできない場所の存在です。

私自身、健常者の時は野球をしていましたから、
国体がどれほど狭き門であるかは、
よくわかります・・・。
 
 
ただ全国障害者スポーツ大会は、
健常者の大会程、
種目は多くないのです。
 
 
 
 
そこでチョットまとめてみました。
 
  • 陸上競技(すべての障害者が対象)
  • 水泳(すべての障害者が対象)
  • アーチェリー(すべての障害者が対象)
  • サウンドテーブルテニス(聴覚障害者が対象)
  • 卓球(すべての障害者が対象)
  • フライングディスク(すべての障害者が対象)
  • ボウリング(知的障害者が対象)
  • バスケットボール(知的障害者が対象)
  • 車椅子バスケットボール(身体障害者が対象)
  • ソフトボール(知的障害者が対象)
  • グランドソフトボール(聴覚障害者が対象)
  • バレーボール(聴覚・知的・精神障害者が対象)
  • サッカー(知的障害者が対象)
  • 卓球バレー(身体障害者が対象)
  • 車椅子テニス(身体障害者が対象)
  • ゲートボール(身体障害者が対象)
 
健常者の国体競技数が37ですから、
それから比べると16という数は、
確かに少なくなりますね。
 
 
しかし、残念ながら、
私がやっている車椅子ツインバスケは、
国体の正式種目ではありません。


車椅子ツインバスケットボール

 

全国の都道府県の中に、
チームがない県が、
あるからという理由なんですがね。

実際にプレーしているだけに、
非常に残念です。
 
 
それじゃぁ私のように、
国体にない障害者スポーツをしている場合は、
国体に出られないんでしょうか?
 

全国障害者スポーツ大会2018にない障害者スポーツをやってる場合は?

 
障害者スポーツをやっているのに、
国体の正式種目じゃない・・・。

車椅子ツインバスケには全国大会がありますが、
こんなパターンがあるんです。
 
 
またボッチャのように、
国体ではないけど、
パラリンピックの正式種目という場合もあるのです。

※ボッチャ※
ヨーロッパで生まれた、重度脳性麻痺者もしくは四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツ


障害者人口が少ないのも、
関係してくるのでしょうけど。
 
 
では私のように、
国体にない障害者スポーツをやっている場合です。

「国体に出場できないんでしょうか?」

方法は、あります。
 
 
 
 
それが、
陸上競技で好成績を残して出るのです。

毎年の春に各都道府県で、
国体に出場する人を選考する、
県障害者スポーツ大会(陸上競技会) があります。


県障害者スポーツ大会開会式

 

写真は、
昨年に私が住んでいる県で行われた、
障害者スポーツ大会の開会式の様子です。

こういう場所で開催されますので、
雰囲気を味わってみて下さい。
 
 
今年の出場資格と申込期限、
開催日時が、コチラです。
 
 

    【出場資格】※平成30年4月1日現在
  • 13歳以上の身体障害者並びに知的障害者
  • 県内の居住者(但し、県外居住者で県内の特別支援学校に在籍、及び施設に入所・通所を含む)
 
    【申込期限】
  • 2018年4月17日(金)
 
    【開催日時】
  • 2018年5月20日(日)《小雨決行》9:00~15:00
 
 
開催日程や申込期限は、
各都道府県によって、違ってきます。

もし来年の障害者スポーツ大会に出たいのであれば、
毎年の3月終わりくらいに、
各市町村の福祉課に問い合わせしましょう。

学校や施設に入所の場合は、
先生や施設職員に聞けばいいですよ。

こうやって申し込めば、
国体に出場できるチャンスを、
得れるのです。
 
 
ちなみに陸上競技の種目なんですが、
まとめると、これだけあります。
 
  • 競走競技(50m,100m,200m,400m,800m,1500m,スラローム,4×100mリレー)
  • 跳躍競技(走高跳,立幅跳,走幅跳)
  • 投てき競技(砲丸投,ソフトボール投,ジャベリックスロー,ビーンバッグ投)
 
基本的に1人1種目となりますが、
競争競技+投てき競技という2種目の選択も、
することができますね。

私の所属するバスケチームでは、
選手が住んでる各市町村に個人で申し込み、
出場するようにしています。

そうすることで出会いもありますし、
気分転換にもなりますからね。
 
 
私の場合は、障害者スポーツ指導員ですし、
競技に出なくても毎年、大会協力として出ていましたが、
昨年からはビーンバック投に出場しています。

※ビーンバッグ(大豆等を入れた重さ150g、12cm四方の袋)


ビーンバッグ投をする選手

 

写真で投げているのは、
同じバスケチームの選手ですが、
モザイクを入れさせてもらいました。
 
 
 
 
私は健常者の時に、
小学校から高校まで野球をしていたので、
投げることは得意でしたが・・・。

障害を持つと、
思うように出来なくなります。

昨年は成績も悪く、結構ショックでしたが、
自分自身を見つめ直すキッカケに、
なってくれますね。

もし頚髄損傷者で2種目出たいのであれば、
50m走+ビーンバッグ投に出れますよ
 
 
 
 
今年、申し込んでいないのであれば、
来年はぜひ出てみて下さいね。

気分転換にもなりますし、
新たな出会いや発見もあり、
いい刺激になりますから♪
 

まとめ

 
今回、
 
  • 全国障害者スポーツ大会2018ってどこであるの?
  • 競技種目は何があるの?
  • 国体にない障害者スポーツをやってる場合、どうすればいいの?
 
について、お教えしました。

チョットは参考になったでしょうか?
 
 
ぜひ一度参加して、
スポーツするのが気持ちいいことを、
体感してみましょう!

毎年待ち遠しくなっちゃいますよ。
 
 
■今日のまとめ■

    全国障害者スポーツ大会2018ってどこであるの?
  • 今年の大会は、福井県内の11市町各競技場で開催される
 
    競技種目は何があるの?
  • 陸上競技(すべての障害者が対象)
  • 水泳(すべての障害者が対象)
  • アーチェリー(すべての障害者が対象)
  • サウンドテーブルテニス(聴覚障害者が対象)
  • 卓球(すべての障害者が対象)
  • フライングディスク(すべての障害者が対象)
  • ボウリング(知的障害者が対象)
  • バスケットボール(知的障害者が対象)
  • 車椅子バスケットボール(身体障害者が対象)
  • ソフトボール(知的障害者が対象)
  • グランドソフトボール(聴覚障害者が対象)
  • バレーボール(聴覚・知的・精神障害者が対象)
  • サッカー(知的障害者が対象)
  • 卓球バレー(身体障害者が対象)
  • 車椅子テニス(身体障害者が対象)
  • ゲートボール(身体障害者が対象)
 
    国体にない障害者スポーツをやってる場合、どうすればいいの?
  • 各都道府県で開催される、県障害者スポーツ大会に出る
 
 
毎年の2月終わりに、
各都道府県の障害者スポーツ協会HPをチェックし、
確認する方法もありますね。

必ず県障害者スポーツ大会の案内が、
出ていますから。
 
 
来年はぜひ出場してみましょう。

自分自身の障害と向き合うキッカケが、
掴めるかもしれませんよ。

私がそうでしたからね・・・。
 
 
 

スポンサードリンク