頚髄損傷者と足の痙攣!止め方とは?普段から工夫していることは?

頚髄損傷
スポンサーリンク
Pocket

 
 
「車椅子に乗っている時に足が痙攣したら、
どうやって止める?」

 
 
頚髄損傷者で、
このように思われる方が、
おられるのではないでしょうか?

突然始まると、
意外と恥ずかしいんですよね^^;
 
 
そこで頚髄損傷者の私が、
これまでの経験をもとにして、
足の痙攣についてお答えします。

 

 

私は28年前に車の事故で首の骨を折り、
頚髄を損傷した中途障害者です。

健常者から障害者となったため、
相当、落ち込みました。

だけど今では吹っ切れて、
ポジティブに生きていますね。
 
 
障害を持ってからは、
車椅子ツインバスケを行っているのですが、
一緒のチームで、足の痙攣が強い選手がいます。

しょっちゅう足をトントンしているので、
私がやっている止め方を教えたら、
その方法を知らなかったようで、感心していました。

だから、
同じように悩んでいる頚髄損傷者がいると思い、
記事にしようと考えたんです。
 
 
 
 
そこで今回は、
 

  • 頚髄損傷者の足の痙攣とは?
  • 足の痙攣を止める方法とは?
  • 普段から工夫していることは?

 
について、お答えします。
 
 
参考にして、
今後の生活に役立てて頂ければ、
嬉しい限りです。
 

頚髄損傷者の足の痙攣とは?

 
頚髄損傷者の完全麻痺の場合は、
胸から下の感覚が無くなり、
歩くことができません。

過去に後遺症について、
詳しく書いた記事があります。

時間がある際にでも、お読みください。
 


 
 
痙攣は別名で、
痙性または痙縮と呼ばれることもあります。

この記事では、
痙攣と呼ばせて頂きますね。
 
 
まずは私より症状の強い選手を、
動画で見てみましょう。




 
 

「わざとステップを踏んでるの?」

と思うでしょうが、
こんな風に、
足が勝手に動き続けます。

いろんな刺激に対し、
筋肉がいっせいに収縮することで、
引き起こされると考えられています
が。

いきなり動き出すと、
結構、格好悪いんです^^;
 
 
 
そこで私の場合は、
痙攣が引き起こされている足の膝裏に手を突っ込んで持ち上げ
動きを止めるという方法をとっています。

頚髄損傷者が足を持ち上げて痙攣を止める

止まった後は、
ゆっくり足を下ろすのです。

単純作業ですが、
これをすれば大概は動かなくなりますね。

ただ、足を持ち上げるだけの筋力は、
必要になります。
 
 
しかし私は、
上記の動画の選手に比べ、
痙攣が比較的に少ないです。

これは、
日頃から気をつけていることが、
功を奏しているのだと思います。
 
 
それでは、痙攣を抑えるのに、
私が毎日工夫していることとは、
何なのでしょうか?

次の章で、
詳しくお答えします。
 

頚髄損傷者と足の痙攣 工夫していることは?

 
私は毎朝、車椅子に移動する時、
母に足を動かしてもらっています。

動かすと言っても、
リハビリの先生みたいに本格的にではなく、
数回、足を折り曲げてもらうだけです。

頚髄損傷者が毎朝、足をまげてもらう

もし、これをしなければ、
車椅子に乗った際に足が突然伸びて痙攣し、
転げ落ちそうになります。

実際に、
数回、落ちた事があるんです。(゚ω゚;)!

また、体が固くなっていると、
体勢を維持するのも、
車椅子をこぐのにも影響します。
 
 
私のようにやってもらえる人がいないのであれば、
足を延ばしたまま、前屈して体を折り曲げるだけでも、
全然違うと思いますよ。

これをするだけで、
体全体の筋肉の拘縮がほぐれ、
痙攣も少なくなるでしょうから。

もう1つ、
普段から行なっている、
とっておきの工夫があるんです。
 

頚髄損傷者と足の痙攣 とっておきの工夫とは?

 
私は普段からベッドを、
睡眠だけの理由で利用しません。

頚髄損傷者がベッド上でパソコン

ベッド上にいる時は、
ギャッジアップ(背上げ)できるので、
起きてパソコンで仕事などをやっています。

ベッドに上げてもらえれば、誰かにお願いしなくても、
早朝や夜中のような好きな時に一人で起きて、
作業が出来ますからね。

そういうことから、
ベッド上での足の向きを、
工夫しているのです。
 
 
 
 
写真を見てもらうと、
わかりやすいと思います。

頚髄損傷者がベッド上であかかとをL字にする

ワインレッド色のマットは、
除圧マットをコンパクトに切ったもので、
かかとの床ずれ予防をするものです。

白の長い枕は、
足の空いたスペースを埋めるもので、
体のずれを防止します。

このようにして、体を起こした際に、
かかとをL字になるようにし、
足のアキレス腱を伸ばすようにしています

除圧マット - 床ずれ防止のために、身体のある部分に圧力をかけないよう分散してくれるマット
 
 
では、なぜこの方法で、
痙攣が少なくなるのでしょう?

理由は、
アキレス腱の硬縮が考えられます。

それについて、
次の章で詳しく説明しますね。
 

頚髄損傷者と足の痙攣 なぜ引き起こされるの?

 
動画で痙攣をしていた彼は、
ベッド上で私のようにしていなく、
つま先を伸ばしたまんまで寝ると言っていました。

結果的にアキレス腱がその状態で硬縮します。

そうなってしまえば、
車椅子に座ってかかとをフットレストに置くだけで、
刺激となって痙攣が引き起こされるようです。

聞くところによると彼の体内にはポンプが埋め込まれ、
薬を注入して緊張を抑えるようになっているそうなんですが、
何もしていない私より、痙攣が強いんですよね。

そう考えると、
普段から睡眠する時の足の置き方も、
重要になってきます。
 
 
 
 
過去に私は、痙攣が強かったため、
ドクターから神経ブロックをして、
止めようと言われた事がありました。

だけど、もし痙攣を止められたとしても、
足の太さが、腕のように細くなって、
見た目が悪くなるデメリットがあるんです。

それを思い、私はあえて、
使い易さより見た目にこだわって、
神経ブロックをしませんでした。
 
 
私の経験上から言いますが、
多少の痙攣があったとしても、
体はそれに慣れてきますね。

動きが体の一部分の要素と思うようになり、
別に苦ではなくなってきます。

もし、朝に体がこわばるのであれば、
ほぐすように工夫すればいいだけですからね。

無理に痙攣を止めようとせず、
体に慣れさせることを、
お勧めします。
 

まとめ

 
今回、
 

  • 頚髄損傷者の足の痙攣とは?
  • 足の痙攣を止める方法とは?
  • 普段から痙攣を引き起こさないために工夫していることは?
  • 痙攣は無理やりでも止めた方がいいの?

 
について、お答えしました。
 
 
もし質問などあれば、
コメント欄からか、
メールでお伝えください。

私のわかる範囲で、
お答えしますね^^
 
 
■今日のまとめ■

    頚髄損傷者の足の痙攣とは?

  • いろんな刺激に対し、筋肉がいっせいに収縮することで引き起こされる

 

    足の痙攣を止める方法とは?

  • 足を持ち上げて、痙攣を止めている

 

    普段から痙攣を引き起こさないための工夫していることは?

  • 朝にベッド上から車椅子に降りる際、足を動かしてもらう
  • かかとをL字になるよう、工夫して置いている

 

    痙攣は無理やりでも止めた方がいいの?

  • 痙攣することが時機に慣れてくるので止めなくてよい

 
 
私の知っている頚髄損傷者で、
痙攣を止めようとポンプを入れたのは、
上記、動画の彼だけです。

その他の人は、私を含め、
痙攣に関して、何も変わった事をしていません。
 
 
無理に止めると見た目も悪くなるので、
何もしない方がいいと思いますよ。
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.